09月 « 2020年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

北芝地域総会を開催しました。

2019年 06月26日 17:29 (水)

3_20190627115243392.jpg


6月22日、2019年度北芝地域総会を開催しました。


9_201906271155218e1.jpg

今年もスベることをおそれずに、ベタなボケとツッコミをおりまぜつつ。
衣装を紅白で決めてきた司会の2人、冒頭からふざけたかけあいではじまります。
初めて来た方は少しポカンとされていたようにも見えましたが、もうこのスタイルになって3〜4年目です。

紅) はやみん「ちょっとちょっと、わんすんさん」
白) わんすん「いやいやはやみん、わんすんさんはおかしいやろ。アグネスチャンさんみたいなってるやないかーい」

...すっかりスタッフのハートも強くなりました。


今年は、らいとぴあ21や芝樂など、北芝にあるいくつかの活動拠点をベースに報告しました。

ここで、初登場の北芝解放太鼓「鼓吹」の若い2人が大活躍。

6_20190627115327290.jpg


この2人が地域内を散歩しながら、各拠点で出会う職員に話を聞いていく、という流れです。

10.png


芝樂には新しい厨房ができ、
9月にはセレクトショップ「B-MART」もオープンしました。
毎月恒例の芝樂市は少子化を疑うほど、子どもがたくさん。

15.png

12.png

らいとぴあ21では、展示コーナーと、そこに併設された喫茶コーナーの活用が活発に行われました。
プログラムを挙げだすときりがないくらい、幅広い世代のかたが利用しています。

18.png

放課後等デイサービス「麦の子」からは、はじめての卒業生もでました。

17.png

団地集会所での取り組みも、食や防災などをテーマにたくさん展開してきました。

16.png

萱野老人いこいの家では、利用する人が飽きないプログラムがたっぷりです。
アート、イベント、そしてまちデイのお昼ごはんもにぎやかです。

20.png

地域の生活支援サービス「なんでもやったるDAY」が進化した一般社団法人「YDP」も、
さらに活動の幅を広げその多様ぶりを報告しました。
2018年度は災害のたびに各地へ走り回っていました。

21.png

会場にはたくさんのブース出店もありました。
若者たちによるコーヒー屋台や、芝樂市でおなじみの大福プロジェクト、HAMA CAFEなど。
株式会社アーバンリサーチと協働して製作している、マルチパーポスバッグについても実物や作業の様子を展示しました。
北芝よみかき教室は1階展示コーナーで作品の展示もしました。

24_20190627161454c9b.jpg

23_20190627161452051.jpg

19_201906271243490c2.jpg


休憩をはさみ後半の寸劇がスタート。
今年は出ないのかな?と思ったころに登場したのが
物語のキーパーソン「あやばぁ」。
毎年大事な役で登場しています。

2_20190627115242850.jpg

22_20190627140357f4d.jpg

今年は大人顔負けの堂々とした演技をみせたそうたくんが、天才子役の名をほしいままに。
壇上でそれぞれのポテンシャルが大放出です。

おふざけもほどほどに、
今年の大事なポイントを、この最後の寸劇の中に盛り込みました。

報告にもあった通りいろいろやってきたけど、
「ちゃんと地域の人に伝わってる?」
「おれにもできることあるで!」
そんなあやばぁ、そうたくんからの問いかけに、
最後にまとめとこれからの話で締めくくります。

5_20190627115246ce9.jpg

北芝のまちづくり50年の歴史の上に、たくさんの事業が展開されてきました。
職員も住民さんもごちゃまぜでやってきて、自分たちの困りごとを自分たちで解決できる地域の力が、
もっともっと陽の目を浴びてもいいんじゃないか、と最近の私たちは思っていました。

具体的に、地域通貨まーぶや、団地の集会所活用、新しい地域共済の試行実施などなど、
みんなの得意なことと困りごとをうまく合わせて、「おたがいさま・たすけあい」のまちづくりを
もう一度地域全体の共通認識にしていきたい、と、素直に今私たちが感じていることを来場したみなさんに伝えました。

25_20190627171724575.jpg

関わるみなさんが「主人公」の北芝物語、
ボケありツッコミありで楽しくやっていきたいですね!

26.jpg

わんすん「はやみん下向いてどないしたん」
はやみん「ツッコミ疲れました...」
わんすん「やめさしてもらうわ」

また夏のイベントラッシュがやってきます。
慌ただしくにぎやかな北芝ですが、2019年度もどうぞよろしくおねがいします。

2019年度北芝地域総会

2019年 06月12日 15:24 (水)

6月も半分がすぎようとしています。
ここ最近の突然の大雨や雷で、一年前の地震や豪雨水害を思い出します。
今年は、おだやかにすごしたいですね。

さて、今年も北芝の地域総会と、暮らしづくりネットワーク北芝の通常総会を開催します。


h1.png

地域総会は、部落解放同盟北芝支部、暮らしづくりネットワーク北芝、イーチ合同会社、福祉サービスよってんか、北芝まちづくり協議会によって構成される「CMO 部落解放北芝まちづくり機構」が主催する総会です。
これまで個別で開いていた総会が、2014年度からこの地域総会の形になりました。

誰もが安心して暮らせる地域を目指して、
これからのまちづくりについて
みんなで話し合う場です。

2_201906121515257e3.jpg

物販や活動紹介のブースもでます。
1階の展示コーナーでは、北芝よみかき教室の詩の展示なども行われる予定です。


日時 2019年6月22日(土曜日)午後2時から4時
場所 らいとぴあ21 3階ホール(箕面市萱野1-19-4)

同じ日の午後1時半から2時まで、暮らしづくりネットワーク北芝の通常総会をおこないます。
会場はらいとぴあ21の、3階視聴覚室です。
暮らしづくりネットワーク北芝の会員さんは、法人の議案決議の場となっておりますので、
ご出席をよろしくおねがいします。
ご欠席の場合は、事前にお送りした委任状をご提出くださいませ。


みなさんのお越しをおまちしております!

1_2019061215152382c.jpg


2019年度北芝地域総会Facebookイベントページ

暮らしづくり通信Vol.18

2019年 05月16日 21:19 (木)

暮らしづくり通信の最新号Vol.18ができています。

051604.png


今回の特集テーマは「団地」。
北芝に団地ができる前、できた後、どちらも知っているおばちゃんたちに話を聞きながら、
住まいが変わることによってどんな風に生活やコミュニティが変化してきたのか、
歴史をひもときながら、記事をつくりました。

051603.jpg

051602.jpg

フィールドワークや写真を見ながら話を聞いていると、
約40年前の景色が蘇るよう。
なんでこんなにしゃべりうまいんやろ・・・



051601.jpg

通信のお楽しみ企画「ぷうフェッショナル〜仕事の邪魔〜」も!
(ゴランナーレから生まれた企画。
暮らしづくり会員の「ぷうさん」が、個人的に気になってるナゾな人に仕事中をねらってインタビュー(邪魔)をする)

今回のターゲットは萱野小学校の校長をつとめていたこともあり、
北芝とは切っても切れない縁で今もらいとぴあ21で若者と関わってくれている
岡先生でした。
2時間近い取材時間、ずーーーっと喋り続けているふたり。
「時間足りひんな、また次回な!」ということで、続編も・・・?


PDFでもご覧いただけます。
こちら からどうぞ。

「若者の生きづらさを小さな声で絶叫するマガジン」最新号できました!

2019年 04月15日 15:24 (月)

こんにちわ、こちえです。
箕面は春がきたー!という陽気。
花粉やら黄砂やらに体は反応しまくってますが、心地よさのほうが上回っています。

ここ4年ほど、この時期には「若者の生きづらさを小さな声で絶叫するマガジン」を発行しています。
今年もできました!
今回のテーマは、ここのところ活動が活発なコーヒー焙煎の特集号です。
表紙もコーヒー色。というより、うっすいカフェオレの色。

コーヒー焙煎を北芝でスタートさせて3年になります。
まったく知識もノウハウもないところから、いろんなかたの力を借りて、
いまでは、若者たちの参加も増えたうえ、商品としても好評いただいています。
販売の機会も増え、近隣だけでなく、大阪以外へ出向き出店することもあります。

ご縁があって、去年の秋には沖縄のコーヒー農園にも行きました。
その様子はこのvol,4のマガジンに掲載しています。

悩みながら活動を続ける若者たちのリアルな姿が見えると思います!

PDFでダウンロードしていただくか、それが難しい方はご連絡いただければ
冊子をお送りする事も可能です。
ダウンロードはこちらから→
https://drive.google.com/file/d/1jBRq7dtZRlgvo-AjMpc6a7Qyrrne7cUc/view


暮らしづくりネットワーク北芝
<メール> kurashizukuri@hcn.zaq.ne.jp
<電話>072-720-6630
づらマガ4

桜ひらひら、2019年度

2019年 04月04日 10:29 (木)

こんにちは、さえです。2019年度が始まりました。
年度末からのバタバタをなんとなく引きずっている私ですが、
みなさんいかがおすごしですか。

040402.jpg


箕面も桜が咲いています。
見た目は春なのに肌寒い、変な気候ですね。
桜の木も、あれ、まだやったかな・・?と言っている気がします。

とは言いつつも、イベント好きの北芝はさっそくにぎやかに。

今日はまちかどデイサービスよってんかのお出かけ企画で、おっちゃん、おばちゃんたちとお花見パーティです。

040403.jpg

「もしもしかめよ」でもりあがるみなさん。

040406.jpg


お花見弁当の注文を受けた510deliは昨日の夜から仕込みをしていました。
おばちゃんらの好きそうなもん・・・お花見やし・・・と、
ぶつぶつ言いながら蕗のスジをとっている筋子・・・ではなく千鶴子シェフ。
そして朝からみんなで弁当つめつめ。
食べ物を詰めながら食べ物の話をしている食いしん坊なパートのみなさん。
「まず好き!」って、しかも食べ物って、不動の原動力な感じがして、凄みすら感じる時があります。

040404.jpg



さて、明日は北芝よみかき教室の開講式です。
小学校も入学式ですね。

よみかき教室では、月に2回、住民さんと学校の先生が集まって、
文字を使って楽しく学ぶよみかきの授業をして、いたりいなかったり。(食べたりつくったりと半々ですね)

今年度は、箕面市国際交流協会の「萱野にほんご」~定住者のための日本語教室~ に通うみなさんと
一緒に授業をやってみよう、という話も出ています。
それぞれ参加している方のニーズはいろいろですが、
自分らしく表現する手法を自分の力でつかむ、という点では同じです。

文字を知ってから、いつも見ていた景色が別物になった、めっちゃきれいやったと、
よみかき教室に通うおばちゃんは言います。

ちょうどいい言葉を見つけたときとか、
それが音楽であったり、絵であったり、踊りであったり、、、
表現することや伝えることにかけて、生い立ちや国、
いろんなものを超える力を人は持っているんだなぁと思います。
その気持ちによりそっているつもりでいながら、
いつも私たちがその静かな闘志に勇気付けられています。

今年度もアっという間に走り抜けていくであろう北芝、
どうぞよろしくおねがいします。

040405.jpg