07月 « 2018年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

羽毛布団集めてます。グリーンダウンプロジェクト

2018年 04月16日 17:17 (月)

こんにちは、さえです。
あっという間に4月も半分がすぎましたね。

先日の芝樂市は、雨予報により11時スタートで開催しました。
芝樂市史上初の試みで、どうなるかな?と思いましたが、
なんとか天気も予報通り11時にはあがり、じわじわ晴れ間を見せてくれ、
集まった人たちでのんびりすごしました。

あーでもないこーでもないと言いながら、
結局はとりあえずやってみる。
いよいよ出店者のみなさんや、ひょっとしたらお客さんにまでそのハードルの低さが広がってきているような気がした芝樂市でした。


さて、本題に入ります。
こちらも同じく「とりあえずやってみよう」ではじまったとりくみです。
みなさんのご協力を、ぜひおねがいします。

暮らしづくりでは、このたび「グリーンダウンプロジェクト」に賛同して
「羽毛」のリサイクルにとりくみはじめています。

「羽毛布団」や「ダウンジャケット」を回収するところから、
新しい商品に生まれ変わるまでのプロセスで、

①障害者の仕事づくり
②羽毛布団が資金に
③持続可能なものづくり

この3つの「まちにイイこと」が北芝にうまれます。


ちょっとちょっと、いきなりなんで「ふとん?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
もしよかったら説明を読んで見てくださいね。

そして、ご自宅やご実家の押入れを思い出してみて・・・「いらん ふとんあるかも?」と思い当たるかたはぜひ!
らいとぴあ21に設置している「ふとん回収BOX」までお持ちください。
持ち運びが難しいときはご相談ください。

-----

回収場所:らいとぴあ21(箕面市萱野1-19-4)
日  時:3月1日から4月30日(月曜日を除く) 9:00-22:00
対象製品:ダウン率50%以上の、羽毛ふとん(ダウン率の確かめ方はチラシ画像の2枚目をご覧ください。)
お問合せ:080-4029-0785(暮らしづくりネットワーク北芝 UMOU回収専用)

-----


仕事づくり


①障害者の仕事づくり

「雇用」を うもう や!

作業は不要になったふとんを分別するところから。
羽毛を取り出し、洗浄し、再生するプロセスは、得手不得手に対応しやすく分業に向いています。
サポートが必要な人も働ける環境づくりは、社会に参加するきっかけをつくり、資源やプロセスを大切にする丁寧な働きかたは、豊かな暮らしかたも教えてくれます。


資金づくり

②羽毛布団が資金に

「資金」を うもう や!


このプロジェクトは、回収団体に対してふとん1枚400円の寄付金が発生します。
その寄付金は、当法人の子どものための取り組みに活用します。
たとえば子ども食堂の運営費用や、子どもたちの学びにつながるプロジェクトの資金など、このまちで育つ子どもたちの未来へ投資します。




ものづくり


③持続可能なものづくり

「循環」を うもう や!

ダウンは限られた資源です。羽毛ふとんを1枚作るのに、アヒル100〜150羽分もの羽毛が必要です。
減少傾向にある羽毛の供給量に対して需要量は増える一方。
自然のサイクルに逆らい無理に量産するのではなく、「循環するものづくり」を、このまちからはじめてみませんか。



umou2.png
umou1.png


facebookイベントページでいいね!