12月 « 2019年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

北芝から被災地へ④

2016年 04月22日 09:31 (金)

熊本から2日目の報告です。


2016.4.21
熊本2日目
今日は朝から予報通りの激しい雨、風、広い範囲で避難指示、勧告が出る状況で、
今まで家で過ごしていた方も避難所に移られいます。
まだ、指示、勧告は解除されていませんが今はようやく雨はやみました。

午前は大津町に向かい、いくつかの隣保館をまわりました。
昨日、少し調達した物資を届けましたが、現状、小さな任意避難所も物資は最低限は回っているようです。

その後に大津中学校によりました。
ここは物資の中継拠点ですでにかなりの量の物資が届いています。
他にも何カ所か中継拠点を見ましたが、どこもかなりの量が全国から届いています。
ただし、中継拠点からの細かい配送がまだ体制的にも十分ではなく、
大津中学校もすでに近隣からのボランティアが100名以上いる状況でしたが、
配送とのバランスが取れず、僕らも配送を手伝おうと思ったのですが、
上手くマッチングが出来ずでした。

現状、(一部を除き)道も含めて車は使え、各所にあるので、
配るのが困難なら小さな任意避難所とも連絡を密にしながら、
定期的に取りに来てもらう方がミスマッチ解消、
種類や量の差もニーズに合わせて調整できるかもしれません。

0421_10.jpg


午後は東北支援で連携したCLCのつてで西原町のたんぽぽハウスに向かいました。

0421_3.jpg

たんぽぽハウスは子どもから高齢者、障害のある方も受け入れる地域の拠点でこども食堂などにも取り組まれています。
現状は水が止まっている状況ながら、地震での避難を受け入れていますが、
今日の避難指示で人数が増えたため、急遽寝る部屋をつくるお手伝い諸々と、
目の前が指定避難所で60名近い方がおられるので、
炊き出しの手伝いもさせてもらいました。

直に見て避難所での生活(車中泊)は相当負担を感じますし、
主体的に活動する皆さんも被災者です。
今は元気に見えてもその負担はかなりです。
僕たちは後方支援ですが、こらからも出来る事を考え、続けていかなくては。

今日の時点で余震は大丈夫落ち着いた感じがしますが、
まだ広範囲で水が出ない状況で時間がかかりそうです。
明日からボランティアの受入が始まるようなので、状況見てきたいと思います。


0421.jpg

0421_9.jpg

0421_6.jpg

0421_5.jpg