03月 « 2014年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

明日はキタシバ・ラボこどもの貧困研究会Vol.9です!

2014年 04月16日 21:18 (水)

一ヶ月が過ぎるのはとても早いですが、明日は、キタシバ・ラボ「こどもの貧困研究会Vol.9」です。
テーマについて関心のある人たちで集まって、理解を深めていく場です。
参加費:500円(場所代、軽食費として)
場所:NICO plus(箕面市萱野2-11-4 芝樂1F)

前回のリポートです。↓↓↓

2014年3月20日、キタシバ・ラボこどもの貧困研究会Vol.8が開かれました。
今回は、京都市山科青少年活動センターのユースワーカー上原裕介さんをゲストにお招きし、話題提供をいただきました。

上原さんからは、こどもの貧困をめぐる様々な二項対立についてふれられたあと、貧困状態にあるこどもの話、そして地域福祉型の子どもの貧困対策についてお話されました。
子どもの貧困対策として今一番取り組まれているのは、学習支援です。
その学習支援も、学習する場を提供する形と、学習塾などに通えるようにバウチャー(登録された塾などに使えるクーポン券)制を導入する形が出てきています。
これらは、学習とツールを使って貧困状態にある子どもが気軽に来れる居場所を提供するのか、進路選択のための学力をつけるために行うのか、という二つの要素も含まれてきます。
また、教育や心理などの専門職がおこなうことなのか、地域の大人や、大学生がおこなうことなのかといった運営方法についても議論が起こっており、いままさに子どもの貧困をめぐる学習支援の状況は有効な手立てが見えないまま「とりあえず必要だから取り組もう」というレベルで乱立している状況であるといえます。

現在、多くの学習支援事業に関しては、国や地方行政のお金をつかって、実施されています。
そうなると、必ず費用対効果についてを考えなくてはなりません。
こどもがいる生活保護世帯に関わるケースワーカーの中には、この学習支援事業の継続性を考えると、その場に送り出す中学生を選別する状況もあるといいます。
学習意欲があるこどもだけを学習支援の場に行かせるという状況です。
ということは、貧困状態にあり様々な要因により学習意欲を失っているこどもの場合、支援の手が届かないことが起こります。
こどもの貧困状態は、経済的な困窮だけではなく社会的な孤立を生んでいる状態もあり、学習支援という支援方法だけでは、こどもの貧困を解決していく方法にはならないと上原さんのお話を聞きながら、考えさせられました。

京都市山科区のある中学校区では、地域福祉型子どもの貧困対策が始まろうとしています。
生活保護世帯に限らず、中学生全体に対象を拡大し、地域の青少年育成活動の一環に学習支援を位置づけ、それ以外のスポーツ活動やレクリエーション活動、まつりなど幅広い地域の活動にこどもの参加を促して、子どもの育ちを地域で支えていける形を目指しています。

北芝でこれまでつくられてきた、地域の中でどんな子どもたちも支える仕組み。
いますこし、その意識がやや薄れてきている中で、もう一度どんな境遇の子どもたちでも夢を叶えられるような地域にしていくことが必要なのではないかと感じました。(松村)

テーマ : まちづくり
ジャンル : 地域情報