11月 « 2020年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

新しい年度が始まりました。

2020年 04月01日 12:28 (水)

こんにちは、さえです。年明けから暗い話題が続いていますが、今日から新年度ですね。

次のステップへ向かう人、そのステップに北芝を選んだ人、
出会いや別れが同時に訪れる4月が、新型ウイルスに翻弄されながらもやってきました。


20200401_3.jpg



北芝でも、あらゆる催事が中止・延期となりました。
芝樂も営業は続けながら、イベントの開催は自粛しています。

放課後の居場所ぴあぴあルームでは、一斉休校をうけ春休みをまたずに朝からの開室となりました。
それに合わせて樂駄屋では臨時の子ども食堂を開き、ぴあぴあの利用登録をしている子ども限定で
うどんや510deliのお弁当、おむすびを提供しました。
春休みに入り、ぴあぴあルームでの「ぴあぴあ食堂」開始とともにこちらは終了しました。

20200401_2.jpg

20200401.jpg



芝樂の西側にある当対池公園には毎日子どもがたくさんいます。
学校の先生が見回りにきては子どもたちと笑って話していますが、どこかお互い寂しそうです。
「家に帰りや、と言うのはつらい」と、先生たちの葛藤もみえます。

芝樂市の中止も4月で3ヶ月連続となりました。(2月は天候不良のため)
会っていない人がたくさんいることや、中止の連続という事実が、
地域の元気を吸い取ってしまっているように感じます。

これまで次々と変わる状況に、都度どうしようかと考えて、
ドタバタと(これはいつもですが...)やってきました。


ちょうどこの年度末に、暮らしづくり通信の最新号が完成しました。
テーマは防災。災害にあっても助け合える地域、について特集を組みました。
編集を通して感じたことは、「命を落とさないために」備えることは、
なにもおおげさなことではないということでした。

備える、それは物や設備を整えるだけではなく、
地域や家族で助け合う準備をすること、人が人を支えることだと学びました。


休校や外出自粛、次々にテレビやネットからやってくる「要請」に、
私たちの日常は翻弄されています。

それからじゃあどうしよう、と都度考えているばかりでは、
今回のようにたくさんの人が苦しむ結果が繰り返され、
特に見えづらいところで苦しむ人たちにまで手が届かないのではないでしょうか。

災害も、世界的なこのパニックも、日常の延長と捉えるなら、
人が生きるまちの暮らしをテレビの向こう側にまかせてはおけません。

ひとりひとりがその暮らしを、政治をより身近に考え、自分や誰かを守れる地域で生きていきたいです。
2020年度、オリンピックは延期になりましたが、私たちは例年以上に走りつづける年になりそうです。
みなさんもどうぞおつきあいよろしくおねがいします。


新しい暮らしづくり通信は、会員のみなさまへは後日郵送いたします!
追ってブログにもあげますので、お楽しみに。

北芝の年末

2019年 12月13日 11:39 (金)

すっかり冬の寒さですね。
芝樂広場も早朝のデッキはキラキラ凍っている日があります。

今年も、あと少し。
恒例のもちつきや、ぴあぴあルームの勝尾寺耐寒ハイキングなど、
ぎりぎりまで騒がしい北芝です。

年末年始のおやすみは、それぞれ以下の通りです。


・らいとぴあ21、萱野老人いこいの家、
12月29日(日曜日)〜1月3日(金曜日)・・・休業

・イーチ合同会社
12月29日(日曜日)〜1月5日(日曜日)・・・休業

・510deli
12月30日(月曜日) ~1月6日(月曜日)・・・休業
※31日(火)はおせちのお渡しのみ

・B-MART、樂駄屋
12月29日(日曜日) ~1月6日(月曜日)・・・休業


続きを読む

桜ひらひら、2019年度

2019年 04月04日 10:29 (木)

こんにちは、さえです。2019年度が始まりました。
年度末からのバタバタをなんとなく引きずっている私ですが、
みなさんいかがおすごしですか。

040402.jpg


箕面も桜が咲いています。
見た目は春なのに肌寒い、変な気候ですね。
桜の木も、あれ、まだやったかな・・?と言っている気がします。

とは言いつつも、イベント好きの北芝はさっそくにぎやかに。

今日はまちかどデイサービスよってんかのお出かけ企画で、おっちゃん、おばちゃんたちとお花見パーティです。

040403.jpg

「もしもしかめよ」でもりあがるみなさん。

040406.jpg


お花見弁当の注文を受けた510deliは昨日の夜から仕込みをしていました。
おばちゃんらの好きそうなもん・・・お花見やし・・・と、
ぶつぶつ言いながら蕗のスジをとっている筋子・・・ではなく千鶴子シェフ。
そして朝からみんなで弁当つめつめ。
食べ物を詰めながら食べ物の話をしている食いしん坊なパートのみなさん。
「まず好き!」って、しかも食べ物って、不動の原動力な感じがして、凄みすら感じる時があります。

040404.jpg



さて、明日は北芝よみかき教室の開講式です。
小学校も入学式ですね。

よみかき教室では、月に2回、住民さんと学校の先生が集まって、
文字を使って楽しく学ぶよみかきの授業をして、いたりいなかったり。(食べたりつくったりと半々ですね)

今年度は、箕面市国際交流協会の「萱野にほんご」~定住者のための日本語教室~ に通うみなさんと
一緒に授業をやってみよう、という話も出ています。
それぞれ参加している方のニーズはいろいろですが、
自分らしく表現する手法を自分の力でつかむ、という点では同じです。

文字を知ってから、いつも見ていた景色が別物になった、めっちゃきれいやったと、
よみかき教室に通うおばちゃんは言います。

ちょうどいい言葉を見つけたときとか、
それが音楽であったり、絵であったり、踊りであったり、、、
表現することや伝えることにかけて、生い立ちや国、
いろんなものを超える力を人は持っているんだなぁと思います。
その気持ちによりそっているつもりでいながら、
いつも私たちがその静かな闘志に勇気付けられています。

今年度もアっという間に走り抜けていくであろう北芝、
どうぞよろしくおねがいします。

040405.jpg

おもちついても終わらない北芝

2018年 12月28日 17:23 (金)

4.jpg


今日は北芝のもちつき大会。
今年は例年より量が多く、いつもなら終わっている時間をとっくにすぎて、
おそらくまだやっています・・・!

5_20181228170834049.jpg

今年大活躍のこのふたり。たのもしくなりましたね〜。
らいとぴあ21を利用している子どもたちも、たくさん手伝ってくれました。

雪もチラホラ舞ってくる中、みんなで「ヨイショ!ヨイショ!」とかけごえ。
とってもおいしいおもちができました。

2_201812281708276d9.jpg

1_201812281708288cf.jpg

3_20181228170825f1b.jpg

おっちゃん、おばちゃんにおそわることもまだまだあります〜

さて、もちつきで今年もさいご、と言いたいところですが、
終わらないんですねこれがー

最後の最後は、おせちづくりで終わります。
2015年から取り組み始めたおせちプロジェクトは、
ボランティアグループがってんだのメンバーを中心に、
みんなで作って地域の高齢者宅に配達します。
配達は地域の消防団の男性陣。
特に一人暮らしの高齢のかたには、ちょうどいい量と手づくりの味を喜んでもらってます。

このおせちプロジェクトで、ほんとに仕事納めです。

2018年、あともう少し走って終わりにしたいと思います。
2019年も、どうぞよろしくお願いします。

それでは、みなさまも良いお年をお迎えください。

年明けは1月11日の旗開き、翌日12日はとんとです!

6年生の授業へ行ってきました。

2018年 09月27日 12:41 (木)

こんにちは、さえです。
久しぶりの、日常の投稿です。

今日は、芝樂から徒歩1分、萱野小学校の6年生の授業に、
ゲストティーチャーとしてスタッフ2人で話をしてきました。

「平和へのアクション」というテーマで、
6年生は今年度連続で学んでいるそうです。

前回は北芝の太鼓チーム「鼓吹」のリーダー朋樹も話しています。

今日は、新しく芝樂にオープンしたB-MARTの話と、
芝樂でこれまでやってきたことの話を通して、
アクションを起こす、っていろんなやり方があることを伝えられたかなと思います。

IMG_0149.jpg

今の6年生がまだ生まれていない頃から、
カフェNICOが始まっていて、
まだ続いてる芝樂市や樂駄屋のことなどなど。
今につながる取り組みと、子どもたちとともに、芝樂も年を重ねてきたなぁと思いました。

IMG_9933.jpg

2018927.jpg


6年生には「芝樂」よりも駄菓子の樂駄屋「せいちゃん」の知名度の方が高いということもわかりました。
ほとんどの子が「おっちゃん知ってる」と言ってました。
渋い顔してるけど、「怖くはない」そうです。

52樂駄屋代表戸締役せいちゃん


この取り組みは一年通して行われます。
集大成として、子どもたち自身がなにかしらの「アクション」を起こすところまで。
らいとぴあ21のスタッフと、一緒に見守りたいと思います。