11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

URBAN RESEARCHとの仕事づくり始まりました!

2018年 11月19日 11:00 (月)

きょうは北芝での新しい仕事づくりの取り組みについてのお知らせです。
北芝とパッとはイメージがつながらないと思いますが、URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)という洋服屋さんとの仕事づくりが始まっています。
アーバンリサーチは全国にたくさんの店舗を持つ大きなアパレル会社で、北芝の職員もファンが多く、着ているひとも多いんですよ。

なんと北芝での新しい仕事づくりはそのアーバンリサーチの製品をつくる仕事です。
ひえー、やっぱりいまだにちょっと不思議なかんじがする!

製品の詳しい情報はこちらに掲載されています。
北芝や製品作りの様子を紹介する動画もあります。
http://www.urdoors.com/information/24310/


この商品は、デッドストックとなった洋服を色ごとに分別して粉砕し、樹脂と混ぜた素材をつかっています。
北芝では色ごとに洋服を分別する作業と、生地の裁断、ミシンでの縫製から最後のパッケージまでを担っています。
作業に参加するのは、北芝での活動に参加する若者から地域の高齢者まで、10代~80代と多年代のひとたち。
「仕事」というと、フルタイムでとか、どこかにパートタイムで出かけるとかイメージしがちですが、「そういう働き方は合わへんねん」というひとはけっこう地域にいます。
体調のいい日だけ働きたいという妊婦さんとか、何時間も働くのは体力的に無理やけど30分くらいなら仕事したいという高齢の方、シフトに入るのはプレッシャーになるけど自分のペースでなら働けるという若者など。
自分で働く時間をコントロールできる、かつ体力仕事ではなく部屋のなかでできる仕事へのニーズがあることをずっと感じていました。
今回の仕事はそういった様々なひとのニーズに合うものになっていて、すでに30名ほどの方がこの作業に携わってくれています。
16153B99-0FA4-4D64-A50E-E8050590EE16.jpeg

赤子が泣いても働く母(の友人)。
487F0254-6F9F-4000-83D3-3FF42C832366.jpeg


地域のおっちゃんは重さ100キロにもなる生地を載せる台をつくってくれました。ありがたや。
81CE5660-FA0C-4AE8-A177-1E20447ABF6B.jpg



いちばん最初にアーバンリサーチの方にお会いしたのが約1年ほどまえ。
もともと専門的なノウハウもないので、かなり細かい所までアーバンリサーチのみなさんに力を貸していただきました。

先週の土曜に発売されたので、きのうみんなで市内のお店に見学に行ってきました。
CD3F71EC-5243-496C-9BD8-9891279BC396.jpeg
↑みんながきもちよく作業できるように縁の下の力持ちでがんばってくれたスタッフのあおいちゃん。

お店のスタッフのかたがとても丁寧にこの商品の説明してくれてることに感動し、
お客さんが商品を手に取るたびに感動し、
洋服の横で販売されてるジャムの種類の多さに感動し(そこ?)、
となりのおしゃれなカフェでお茶のんで、すっかり満喫して帰ってきました。

全国にお店があって、順次販売するお店は増えるようです。
ぜひメイドイン・キタシバの商品をよろしくお願いいたします!

「子ども・若者の貧困を考えるセミナー」のお知らせ

2018年 02月12日 17:52 (月)

続けて若者支援に関するトピックスを。

ひとつまえの記事でもご紹介した「箕面若者支援施策のありかた研究会」を、2016年度より当法人が主催して実施しています。
この研究会のなかから出てきた内容をもとに、セミナーを開催することとなりました。

テーマは「子ども・若者の貧困」です。

箕面で貧困というと、「いやいや、箕面ではないでしょ」と思う方が多いかもしれません。
ここでいう「貧困」は「お金がない」ということに限りません。

辞書で「貧困」を調べてみると、
1 貧しくて生活に困っていること
2 必要なもの、大切なものが欠けていること

と書いてあります。

当たり前に持っているひとからすると、当たり前すぎて気づかないことだったりしますが、
必要なもの、大切なもの、は物質的なものだけでないと思います。

多様な価値観に触れる機会とか、そのままの自分を受け止めてくれたという体験とか、
失敗してもまたチャレンジできる環境とか、自分の存在を認めてくれる仲間とか。

こういう経験が、「失敗しても次またがんばろう」とか、「大した偉業は成し遂げられなくても自分はこの社会で
存在してる意味はそれなりにあるよな」とか、自分の事を認めることにつながるのではないでしょうか。

そういう大切なものを持たずに生きてきた(あるいは失った)という子ども・若者は、
足元がぐらぐらした状態で、社会で生きていくことになっているような気がします。

omote1.png

ura2.png

今回、講師でお招きするのは、横浜で若者支援に携わっておられるNPO法人パノラマの石井正宏さんです。
NPO法人パノラマが高校の図書館で実践している「ぴっかりカフェ」は、高校内居場所カフェの先進的な取り組みとして注目されています。

高校生に限らず、若者たちは困りごとや不安があっても、それを周囲の大人になかなか相談できなかったりします。
相談しづらい理由は「怒られそう」とか「どうせ理解してもらえない」とか、過去の経験からそう思っている場合もありますし、
そもそもあまり相談できる場所がいろいろある、ということを知りません。
その状態が続くと、自分の中で困りごとをずっと抱えている、気づいたら課題がどんどん深刻化していた・・ということにつながります。
そうなるまえに支援者が若者たちに出会いに行こう、というのが高校内居場所カフェの目的です。

「ぴっかりカフェ」の取組みがおもしろいのは、これに加えて、地域のひとたちとの出会いを大切にしている点です。
専門の支援員だけでなく、地域のいろんな大人がこのカフェにボランティアとして関わることで、若者たちが地域の多様な資源に出会う機会になっているようです。
たとえ家庭のなかで居場所がなかったり、生活の中で多様な価値観に触れる機会がなかったとしても、地域のひとたちと出会い関係性をつくることで、それを埋める可能性がうまれます。
また、いつかなにかで困った時に「たすけて」と言える関係性がうまれるかもしれません。
この地域との出会いを大切にしていることは、北芝での実践と共通するところです。

石井さんから、居場所カフェを通して見える現代の子ども若者の「貧困」課題についてお話していただきます。
後半は箕面で子ども・若者に関わる方たちに登壇いただき、立場や所属を越え、ともに地域で暮らす私たちに
なにができるのか考えていきたいと思います。



日時:2018年3月9日(金)午後6時30分から9時
会場:らいとぴあ21(箕面市立萱野中央人権文化センター)3階視聴覚室
お問合せ:072-722-7400(らいとぴあ21) 担当:尼野千絵、中村雄介
主催:暮らしづくりネットワーク北芝


事前のお申し込みは不要です。
たくさんのご参加お待ちしています。


facebookイベントページはこちら
fb.png

「フツー」じゃなくてもいいじゃない!見えにくい生きづらさを地域づくりのヒントに~

2016年 01月28日 10:58 (木)


先週末の大寒波からすこし寒さもやわらぎ、ちょっとホッとしています。
私の家は結露で窓が凍りました。まわりは信じてくれませんでしたが、ほんとです。
一時期、北海道で暮らしていたころの冬の朝を思い出しました。
水道管、凍らせて破裂させたこともあったっけ・・
床の水道管から階下の駐車場に水があふれ出してる光景は、恐怖の映像として脳裏に焼き付いてます。ひー。

さて、本題です。
きょうはイベントのお知らせです。
2月14日表jpg

2月14日裏

北海道・浦河町の「浦河べてるの家」より、設立者の向谷地さんが北芝に来てくれます。
このイベントは、あおぞらやらいとぴあで活動に参加している若者が中心になって企画したものです。

まわりは「ちゃんと出来る人」として自分のことを見ている、
でも実は内面ではものすごくしんどい思いをして、必死に適応しようとしている。
そのしんどさに誰も気づいてくれない。

そんな話が若者たちの対話の場から出てきました。
こんなふうに「見えにくい生きづらさ」を持っている若者がいることを、
地域のみんなに知ってもらいたいと考え、今回のイベントが企画されました。

向谷地さんは、いまよりずっと精神疾患・精神障害に偏見の強かった時代から、
地域のなかで住民と当事者が共に暮らす地域づくりを実践されてきた方です。

べてるでは、自分たちの生きづらさとどう向き合い、どう地域のなかで暮らしてきたのか、
向谷地さんのお話を伺いたいと思っています。

講演の後半には、生きづらさを感じている当事者たちも登壇する予定です。


そして、午後からは、研究会(といっても難しい場ではないので、ぜひ気楽なきもちでご参加ください)を
こちらはおなじみ、日置真世さんに全体のファシリテーターをお願いして実施する予定です。

「なんかいややな」
「ちょっと違和感感じるな」

こんな日常で感じる「生きづらさ」は、だれもが自分らしく暮らす地域をつくるヒントになるはず。
地域に暮らすさまざまな立場の方にお越しいただき、いっしょに考える機会に出来たらと考えています。

ぜひお越しください!

(こちえ)

こんどは市長表彰!

2013年 06月30日 14:00 (日)

先日の地域福祉優秀実践賞受賞に対して、そりゃめでたいこっちゃ!?と言ったかどうかはさだかではありませんが、このたび箕面市長より表彰を頂きました。

市長表彰1

市長表彰2

倉田市長と新旧代表理事そろって記念撮影。
マスクが見苦しくてスミマセン。

市長表彰3

石の上にも10年?長いことやってると、どっかで誰かが見てくれて、こうやってたたえてくれはるもんなんですなー。
市長ほか箕面市のみなさん、ありがとうございました。
これからも精進精進。

テーマ : まちづくり
ジャンル : 地域情報

ラジオ放送は…

2013年 06月21日 14:36 (金)

先日6/17に放送された、ABCラジオでのもようですが、
以下のURLでリポートしていただいております!

http://abc1008.com/yukan/report/130617.html

まーぶの企み、うまいこと伝わったでしょうか。

お聞きになられた方、またご感想お聞かせください!

テーマ : まちづくり
ジャンル : 地域情報