03月 « 2019年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

6年生の「萱野フェスティバル」

2019年 03月03日 14:50 (日)

先日、芝樂広場はいまだかつてない人の数で大にぎわい!のイベントが開かれました。

2_20190303142315c9b.jpg


以前このブログでも少し話題にした、萱野小学校6年生の総合学習のとりくみです。
「平和」をテーマに、北芝解放太鼓 鼓吹やB-MARTへの聞き取りや、平和学習などを経て、
6年生自らが「平和へのアクション」として、芝樂広場を使ってそれぞれの表現でとりくみました。


1_2019030314231663a.jpg
商品の説明を受けている様子。


和太鼓のワークショップやダンス、楽器演奏のステージ発表や、地域の食の屋台出店など、
ボランティアグループがってんだのおばちゃんたちやらいとぴあ21のスタッフ、510deliも参加しました。

B-MARTの店内でも、事前に商品のことを調べて、お客さんに説明できるようにもなりました。
保護者のお客さんに「障害者の人がつくっている商品です」と積極的に説明している姿はとても素敵でした。

3_20190303143419da9.jpg

4_20190303143418b24.jpg

6_20190303143416f5d.jpeg

8_20190303144226af2.jpeg

チラシづくりも。


5_2019030314411193d.jpg


こちらは募金コーナー。大阪府北部地震の影響で、屋根に被害をうけた家がたくさんあることから、
募金を集めてブルーシートを購入し、被災地へ届けるとのことです。

当体池公園でも遊びコーナーや相撲大会が行われていました。

もりだくさんな内容と、人の多さに圧倒されながら、楽しそうに走り回るこどもたち、見守る保護者のみなさんがたで、
明るくにぎやかな空気をまとっている芝樂広場でした。

9_20190303144227e8b.jpeg

夕方、すっかりいつも通りの芝樂広場です。

地域のステージとして、たくさんの人に来ていただいた1日となりました。


"地域食堂 樂ごはん"の最近。

2018年 02月01日 15:38 (木)

IMG_6980 (2

”さぁ、みんなでごはん食べようか~”

という声があちらこちらから聞こえてくる「樂ごはん」。
取り組み始めて2年が経過しようとしています。
前回の記事はコチラ→http://kurashinet.blog110.fc2.com/blog-entry-207.html

当初はコミュニティハウス南の家を使って、夜に集まったこどもたちを中心にごはんを食べる場だったのですが、2017年4月の北芝住宅集会所リニューアルに伴い、会場を集会所へ。

週に1回、どこかの曜日にはかならずやる、という地道な活動の中、夏頃からおとなの参加も増えてきました。

raku201802.jpg

子どもだけで来てたり、親子で来たり、親だけ来たり、中高生が友だち連れてやってきたり。
中には「孫のごはんはつくってきたけど、わたしはこっちで食べるわ~」という方も。

raku20180201.jpg

調理から片付け・掃除まで、なんとなく毎回来て運営を担っていこうとしているメンバー(高校生、大学生、地域住民までいろいろ)はいますが、ごはんを食べに来た住民さんが「洗い物やるよ!」とmyゴム手袋を持参して来られることも出てきました。

raku20180203.jpg

”樂ごはんに来たら、誰かいて、おいしくごはんが食べられて、楽しくおしゃべりできる”
”なんでもやってもらうのではなく、自分ができることはやる”
そんな場になっているのではないのかなと感じます。

フードバンクOSAKAさんからいただく食材や、
参加される住民さんからのおいしい「差し入れ」、
そして近隣の農家さんから安くで分けていただくお野菜や、
様々な方からいただくお米等をやりくりしながら、
大人にとってはとても安い!という価格ではないですが、
みなさんの参加費をいただきながら、
持続継続的な形で運営していける形を模索していく予定です。

raku20180202.jpg

だれかのためにごはんをつくりたい人!
だれかと一緒にごはんを食べたい人!
どちらもだれでも来てみてくださいね。

★☆★☆
みんなでごはん。樂ごはん。 基本情報

頻度:週に1回。不定曜日。
場所:市営北芝住宅集会所 他
参加費:おとな500円、若者(高校生以上)300円、こども100円(3歳未満無料) ※まーぶ、地域みまもり券での支払い可能
食数:30~40食
開催情報→LINE@にて配信中。https://line.me/R/ti/p/%40kwt6059w
友だち登録QRコードはコチラ↓↓
IMG_8980.png

テーマ : まちづくり
ジャンル : 地域情報

北芝 怒涛の夏祭り

2017年 07月25日 15:36 (火)

ごぶさたしています、さえです!

7月の祭りラッシュ、ようやく落ち着きました...。か??
なんかまだありそうな気がしてならないですが、ひとまず一挙にご報告!


●7月1日 いこい縁日

71_2.jpg

71_4.jpg

71_3.jpg

71_5.jpg

71_1.jpg

▶︎▶︎これぞいこい縁日!!
あなたは見ますか...??禁断の!!映像はこちら

●7月16日 たいまつ・むぎわら

毎年恒例Tシャツづくりから!
所要時間は過去最短、いつも手伝ってくれる鼓吹メンバーの成長を実感!

716_4.jpg

たいまつづくり おとなも子どもも、テンションたかめ。
716_2.jpg
716.jpg
716_3.jpg

本番!
今年は雨ふりませんでした!
716_5.jpg

716_6.jpg


ちちどん隊で練り歩き疲れまちた。
暑かったねー!

716_1.jpg


●7月22日 コミュニティ農園収穫祭
きれいに改修された団地の集会所で、コミュニティ農園の収穫祭をひらきました!
農園をかりてる住民さんを中心に、らいとぴあ21のこどもたちや保育所の保護者のみなさんでにぎわいました。

722_4.jpg

722_2.jpg

722_5.jpg

箕面国際交流協会のみなさんも。
おかげでブラジルの収穫祭を体験できました!!
みんなめっちゃ楽しそうです。

722_3.jpg


●7月22日 芝樂夕市ビアガーデン

夕市 2017_170725_0052



収穫祭と同じ日に開催した、芝樂広場でのビアガーデン。
長い長い、もりだくさんすぎて、もうブログのスクロールも限界かも。
ということで、
↓ごっとうのブログに詳しいレポートあげてくれてるもえちゃんにバトンタッチしまーす。
http://510kitchen.seesaa.net/article/452086999.html


8月も地蔵盆まつりにまーぶハローワーク
らいとぴあ21でもイベントもりだくさんです。
夏休みの子どもたちのエネルギーがみなぎっている北芝、
ぜひ遊びにきてください。

ごはんの場がつなげる人と人

2017年 01月12日 11:28 (木)

こんにちは。さゆっぺです。

昨年の2月から試行実施してきた「みんなでごはん。樂ごはん。」
夜にみんなでごはん食べよう!というざっくりとした場で、いろいろ試行錯誤していたらあっという間に1年が過ぎ去ろうとしています。


最近はこども15名ほど、若者・おとな5名くらいが定着しつつ、でも固定化することなくいろんな人たちで夜ごはんの場をみんなで囲んでいます。


昨日は箕面東高校のフードデザインの授業とコラボレーション。

3回に分けて高校生たちが樂ごはんの調理に携わってくれます。

昨日のメニューは、そぼろ丼、ほうれん草のおひたし、けんちん汁。


とてもおいしく、参加してるこどもたちもおかわりするほどでした。


樂ごはんは1年続けてきたことにより、地域のこどもたちから「いつやるん?もっとやってや」と言われるものになりました。
あえて「こども食堂」とは言わずにいることで、だれでも来ていい場であることをいま来ているこどもや大人たちが意識できるようになってきたのではないかと思います。
そうすることで、今回のように初めて出会う高校生たちと「はじめまして」といった挨拶や自己紹介もせず、当たり前のように肩を寄せ合って一緒にごはんを食べることにもつながったのかな、と。



ごはんの場はそこにいる人たちの気分で雰囲気がつくられます。
周りの人たちと美味しく楽しくごはんを食べることの積み重ねが地域で暮らしていくこと、生きていくことへのプラスのイメージづくりにつながっていくのではないでしょうか。


今月からは団地集会所での樂ごはんも月1回から始めていきます。
場所を選ばず、どんなところでもできる食の取り組みの模索はまだまだ続きます。

年末恒例お餅つき

2016年 12月28日 17:03 (水)


2016年も終わりが近づいてきました。
NPO15周年キタシバゴランナーレで新しいことやりつつも、毎年恒例の行事もおこなわれています。

今日は年末恒例のもちつき。

今年も地域の若者たちを中心に朝早くから準備。


つき手もとり手も年々上手くなってきてる?


インターンに来ている学生さんたちもお餅を丸めるお手伝いをしていただきました!


豚汁におもち入れたのも美味しい!

お正月のお餅を地域で準備する営み。
北芝の残したい風景だなぁと思いました。