11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

「若者支援ガイドブック」と「生きづらさマガジン」最新号完成!

2018年 04月20日 17:46 (金)

またまた若者に関する話題です。
若者たちと一緒に作成した「若者の生きづらさを小さな声で絶叫するマガジン」の最新号と、北芝の若者支援をまとめたガイドブックが出来上がっています。

「若者の生きづらさを小さな声で絶叫するマガジン」、今回のタイトルは「私たちなりの働き方改革」。
以前、こちらのブログでもお伝えした「パプアニューギニア海産」さんの取材記事も掲載しています。

そのときの記事はこちら

ほかにも普段から親しくさせていただいている和歌山の「一麦会(通称:麦の郷)」さんに若者たちとお邪魔した旅行記など、盛りだくさんの内容です。
あとがきにも書かれていますが、私たちが出会う若者たちは「働き方」ではなく、「働くこと」そのものに悩んでいるように見えます。
とてもまじめに「働くことってどういうこと?」ということを考えるがあまり、どうにも身動きがとれなくなっていたりします。
効率性や生産性という言葉に隠れ、そういった感覚は「ないもの」とされているけど、実はとても大切なことなのではないか、と若者たちの姿を見ていると感じます。
「生きづらさ」は、見過ごしている社会のなかの「ふつう」「あたりまえ」を見直すきっかけをくれます。
そしてそれは、よりよい社会をつくるためのヒントになると思います。
若者の生の声がたくさん詰まった内容に仕上がっていますので、ぜひたくさんのかたにご覧いただければと思います。


zekkyovol3.png

●若者の生きづらさを小さな声で絶叫するマガジン Vol.3




そして、北芝の若者支援をまとめたガイドブック。
こちらは、北芝で実践している事業内容が一覧になっていて、いまの北芝での若者支援について網羅しています。
ほかにも若者と一緒に考えた、若者の「生きづらさの取扱説明書」も掲載しました。
生きづらさマガジンとあわせてこちらもぜひご覧ください。

●若者支援ガイドブック2018


ガイドブック2018



印刷したものをご希望される方はお送りいたしますので、法人までご連絡ください。


「若者の生きづらさを小さな声で絶叫するマガジン」

2018年 03月02日 19:13 (金)

先日、若者たちといっしょに茨木市の中央卸売り市場にある「パプアニューギニア海産」にお邪魔してきました。
こちらはフリースケジュールという働き方を取り入れ、メディアにも多数取り上げられるなど注目が集まっているエビの加工会社です。
webはこちら

「自分らしく働く」ということを実践されているということで、活動に参加している若者に「関心ある?」と聞くと、みんな「行ってみたい!」と興味しんしん。
見学に行くまえには商品のエビの試食と事前学習をかねた場も設定しました。
みんなで調理して食べてみると、「ふだんスーパーで買うエビの味とぜんぜん違う!」と大盛り上がり。
DSC_2738.jpg

おなかいっぱいになったあとには事前学習も。
DSC_2744.jpg

準備ばっちり!で工場にお邪魔して、工場長の武藤さんからいろいろなお話を聞かせていただきました。
若者たちは自分にとっての働くということと重ね合わせながら話を聞いていたように思います。
質問や意見もいろんな角度からでて、それを聞いているのもおもしろかったです。
詳しくは近々冊子にまとめる予定ですので、乞うご期待!


去年、若者たちとつくった冊子をお渡ししたら、共感していただいたようでブログで紹介してくれました。
そのあと、このブログをみたかたからお問い合わせもいただくなど、新たなご縁も生まれています。
ブログはこちら→ 冊子「若者の生きずらさを小さな声で絶叫するマガジン」を読んで

うれしかったので調子にのって冊子のデータを載せます。
若者たちの絶叫する小さな声がたくさんの方に届きますように。



↓こちらからPDFデータをご覧いただけます。

●Vol,1

vol1.png


●Vol,2

vol2.png