11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

石巻で奮闘中!

2013年 12月09日 14:46 (月)

夏まつり


この4月から宮城県石巻の「あがらいん」(制度外のケア付き仮設住宅 運営:(特活)全国コミュニティライフサポートセンター)へ長期研修に行っているしんご。

この間放映されたNHKのハートネットTVでもチラチラとしんごが映っていました。

そんなしんごから、活動報告が届きましたので、ご覧下さい。

夏まつり準備2

 
7月~9月は前半の具体的な取組・事業がカタチになっていった期間であった。
あがらいん施設業務としては、各利用者の特性をやっと実感・理解できてきた時期であり、それにより個別支援の難しさや可能性を感じることが多々あった。認知症、高次脳機能障害、アルコール課題など、これまで関わりが薄かった課題について「知ること」から始まるということを改めて感じた。これは、部落問題や他の社会課題についても同様であると思う。

「目の前の課題を知る」ということは、あがらいんスタッフにも同様のことが言えることである。現在あがらいんで働くスタッフがほとんどが福祉・介護畑出身ではない人である。ある意味「普通の住民」があがらいん利用者と相対する中で、それぞれの課題について、悩み、受け入れ、理解していくことは、地域住民がたどるそれと同様のものである。

仮設住民との関わりもこの時期に深まっていく。色々な場面に顔を出すことも重要だが、日々の暮らしの場面に「居る」ということが住民との関係を構築していく大切なきっかけになっていくということを実感する日々であった。

ある時、懇意にして頂いている住民さんの仮設団地に救急車が入っていくのを見て、駆け付けたことがあった。その時に何をしたというわけではなかったが、これを機に「距離がグッと近くなったような気がする」と言われたことがある。北芝では当たり前のように行っていた行動のひとつひとつが、地域の一員として受け入れられるきっかけになっていくことを実感したエピソードであった。拠点に見慣れた顔があるこそ反応できることがあり、日常の些細な変化にも気付くことできる。そうしたことの積み重ねが良好な関係構築に重要な要素である。

あがらいんとして、また慎吾個人として、開成周辺で活動する支援者との連携が充実してきた時期であった。4月に始動した社会福祉協議会の地域福祉コーディネーター(CSC )、包括ケアセンター、訪問支援員、仮診療所、保健師、生活保護ワーカーなど、主に個別ケース対応を通してお互いの顔と役割を共有していくこととなった。こうした関係構築も含めて、あがらいんが改めて開成地域内、関係者の中で存在感を増していった時期である。

夜勤


また、この間、「被災地」支援という言葉、考え方にひっかかりを持つ時期でもあった。

石巻は被災状況だけ見ても、被災3県でも最大規模の被災自治体である。開成・南境仮設団地群は約2000戸、4500人が暮らすまちであり、これまでの阪神、中越など過去のの災害とあわせても最大規模の仮設団地群である。

ここで出会う多くの当事者たちはとてもパワフルでエネルギーをたくさん持っている人が多い。(幸いにもそうした人にたくさん出会えているということもあるだろうが)

震災・津波の爪痕は深く、様々な課題の中やその根底に被災体験が深く刺さっているので、そこをベースにおきながらも、日々の関係や課題に取り組む姿勢は、北芝で行っている活動となんら変わらないということを改めて実感している。

(中村慎吾)


テーマ : まちづくり
ジャンル : 地域情報

北芝におとーが帰ってきた!

2013年 04月10日 10:31 (水)

お久しぶりのブログ更新。

ぼちぼち更新していけるようにがんばります!


さて、暮らしづくりネットワーク北芝代表理事のおとーがフィリピン、カンボジア、タイへの3ヶ月滞在から帰ってきました!

帰ってきたのは4/7の夜。
奇しくも日本は嵐のあとのさむーい夜だったので、半そでシャツ1枚のおとーは「さっむ!」となったそうでございます。

おとーも帰ってきた北芝のこれからの動き、もう少ししたらお伝えできると思います。
お楽しみに!

010.jpg

おとうの世界紀行

2010年 01月07日 23:42 (木)

あけましておめでとうございます。

「このごろの話題」をブログ式に変更いたしました。今後ともよろしくお願いいたします。

北芝の名物おやじ・おとうと言えば、自分で廃材を集めて陶芸工房を作っちゃったり(※現在は建て替えられてます)、芝樂に石窯を作っちゃったりと、行動力みなぎるaround-KANREKI。定年退職を機にフィールドを北芝から日本全国、タイへと広げ、自転車で旅しながら出会う人たちと友好を交わし、タイのスラムに入り込んでは子どもたちと公園づくりを行ったりと、グローカルに活動しつづけています。
(そこらへんの記録はブログおとー爆走ライブをご参照ください。)


2009年はさらに行動範囲が広がり、8月には大陸のど真ん中、モンゴルの地へ足を踏み入れます。モンゴルでは、北芝で何かと一緒に活動をしてきたジェンダーセンター大阪(GCO)のウランバートル本部を訪ね、移住民たちで作るコミュニティ(ホロー)を舞台に、独自のおとうワールドが繰り広げられたようです。

おとう紀行1

ゲルに設置された「まちおこしセンター」の中で北芝の取り組みを紹介。モンゴル人相手に、日本語(と言うより「おとう語」)が通じたんやろうかー?(・・・と思ったけど、よく考えたらGCOのメンバーも一緒に行ってたんやから、当然通訳付きですな。)

おとう紀行2


右端にいるのがGCOのちあきちゃん。ほかにも代表のりょうこさんやモンゴル語学科の学生さんたちが一緒に訪れていました。

おとう紀行3

ジェンダーセンターのスタッフの一人(名前失念!調べておきます)と。バリアフリーなど彼女の暮らしやすさをテーマに、まちづくりが進められることもあるそうな。

おとう紀行4

「この土ええな」と現地で掘り当てた粘土を使って、みんなで陶芸。おとう作・モンゴル焼ですかぁー?ちなみに、おとうの帰国までには土が乾かず、完成までは見届けられてません。

他にも「この壁に絵を描いて」と言われて、日本からモンゴルへと続く一大壁画絵巻!を完成させるなど、限界アーティスト・おとうがさらにパワーアップして発揮された模様。島国からイッキに大陸へと移り、大地のパワーが降臨したのでしょうか。(ちなみにウマに乗る、ゲルのおウチに招かれる、羊の屠殺といった定番?体験もしたそうな。)

・・・
2009年はまんまとモンゴルまで生息範囲を広げ、そろそろ落ち着くのかと思いきや、そんなことはさらさらないようで、この1月にはさっそくの旅立ちが待ち構えているそうです。次なる世界はまたまた東南アジア、今度はタイのお隣の国・カンボジアへと向かいます。実はカンボジアに行くのは初めてではなく、11月に北芝で企画されたスタディーツアーにて、カンボジアのスラムを見たり、まちづくりや就労支援活動をしている仲間たちと出会ってきました。今度の旅はそのときの出会いを活かし、現地の人たちと一緒に出来ることを模索するそうです。

おとう紀行カンボジア

写真は、今度おとうが活動を広げようと考えているスラムの様子。水辺に敷かれた板場の路地づたいに35軒がひしめきあいます。

もっとくわしい話は、おとうから直接聞かれることを是非!オススメいたします。春には戻ってくんでぇーとのことですが、夏には再びモンゴルに行くらしいので、春の石窯ワークショップあたりが、ゆっくりお話しできるねらい目かな?なんせじっとしていない、なかなか捕まりにくいおっちゃんですが、会えばその独特の世界で、居ながらにしてトリップしてしまうことうけあいです!?一緒に行動したい!という強者の登場も待ってまっせー!