02月 « 2021年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

新年あけましておめでとうございます

2021年 01月01日 15:28 (金)

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はわたしたちの活動にご参加、ご支援いただきありがとうございます。
昨年は1月には新年旗びらきなど例年どおりの活動を始めたものの、その後は新型コロナウィルス感染防止のため、活動の多くが延期ないしは中止となってしまいました。それまで当たり前のこととしていた、ひとが直接会って話しをすることすら不自由になってしまいました。
かわりに登場したオンラインでの会議や集会もおこなってはいるものの、慣れの問題もあるでしょうが、しっくりくるというまでには使いこなせていないのが率直なところ。
またオンラインの場合たびたび味気なさを感じますが、無駄だと排除されがちであったリアル会議での冗長性というようなもの・余裕部分が、かえって議論の潤滑油になっていたんだなと思ったりします。そうしたことから想像するに、生徒と先生がオンラインで授業をせざるを得なくなったときのご苦労は大変なものだと同情いたしました。

昨年8月には箕面市長と市議会議員の選挙があり、倉田さんからあたらしく上島市長に代わるとともに、暮らしづくりネットワーク北芝立ち上げ時のスタッフであった中嶋三四郎さんが4期目の当選を勝ち取りました。福祉や教育、まちづくりなどの分野でNPOと行政とが協働する事業や場面がますます重要性を増してきており、アドボカシー・政策実現という観点から議員活動との連携をさらにすすめていきたいと考えています。

コロナ禍で増えてきている自殺者の問題について、昨年度の人権フォーラムで正面に取り上げ考えていこうとされていましたが、残念ながら延期ということになりました。わたしたち「暮らし」も、内閣府から受託している自殺相談の一翼を担うことになりSNS相談を始めています。引き続きこうした活動を充実していきたいと考えています。

またNHKのEテレ「バリバラ」で部落問題をテーマにした番組の中で北芝地域が取り上げられ、若いスタッフが大いに発言しました。部落問題などの人権問題について考えていく素材・機会と場を積極的に提供していきます。

本年は私たち「暮らし」が生まれて20年目にあたります。設立当初は、地域内の住民・グループの自主的な活動をサポートしていく中間支援が主なものでしたが、2010年以降は自らが事業をすすめる主体としての性格が主なものとなってきました。これまでの20年の活動の歩みを踏まえて、これからの「暮らし」のあり方、あるべき姿についてあらためて検討を始めています。ある程度まとまってきた時点で報告をし皆さんからもご教示いただきながら豊かな内容にしていきたいと思っています。

正月早々かたぐるしい話しで恐縮ですが、本年もいつものように明るく楽しく活動をすすめてまいります。

みなさま方のますますのご活躍をご祈念申し上げますとともに、ご支援のほどよろしくお願いします。


代表理事 埋橋 伸夫


2021.png

2019年もありがとうございました。

2019年 12月30日 18:39 (月)

こんにちは、さえです。

20191228_2.jpg

20191228_1.jpg

28日にもちつき大会が終わり、やっと北芝にも静けさが...と思いきや、
今日30日は、ボランティアグループがってんだのみなさんが
おせちづくりに大騒ぎ。

数年前から、地域の高齢の方対象に手作りのおせちを配達するとりくみをはじめました。
毎年好評で、年々数も増えています。
ボランティアグループのメンバーで調理して、
消防団や地域の若者たちがお宅まで配達します。

今日はおせちの仕込みの日。
70代から30代のメンバーが10人くらい集まって、
全員が一度に喋るので、会話の噛み合わなさとそのボリュームで、
初詣に来たみたいに騒然とする厨房。

20191230.jpg

全員話聞いてないのに、なぜか料理はできあがっていきます。
ハプニングがあっても、すぐに修正できる臨機応変さ。

20191230_2.jpg

何があってもだいじょうぶ! おいしいよ!


お昼休みも片付けも、とにかく口も動けば手も動く、早送りのような1日が終わりました。
明日は配達をして、いよいよ北芝の活動納めです。



2019年、思い出すのも一苦労ですが、いろいろありました。
地域で働く私たちと、生活する住民さん、行政、それぞれの役割や
どんな思いで「暮らしづくり」に関わっているのか、
災害や、差別の問題、教育についてや日常のコミュニティワークについてなどなど、
問いかけたり、話し合ったり、根本にある部分をみんなで見つめ直した1年でもありました。

ピースサイクリングや樂駄屋バー復活、雨に悩まされたおまつり...イベントも相変わらずたくさんありました。
10月のお宝まつりから始まった、子どもの夢を叶える「まーぶの夢コンテスト」など、
来年に続くプロジェクトも楽しみです。

1年間、ありがとうございました。
みなさま、お体にお気をつけて、よいお年をおむかえください。

年明けは1月10日の北芝支部新春旗開きに始まり、
11日はとんと、18日は芝樂市です。

2020年も、どうぞよろしくおねがいいたします!

<ご案内>北大阪地震・西日本豪雨の報告会について

2018年 07月31日 13:09 (火)

台風も去り、よく晴れている箕面です。
いったん落ち着いたかと思われた暑さもまたぶり返したようです。
と思ったら、まわりでは「今日は涼しい」と言うひともいて、暑すぎて感覚がわからなくなってるのかも。

今日は、6月18日の北大阪地震、西日本豪雨での支援活動の報告会のお知らせと、
ここ最近の支援活動をご報告します。

8月3日に北大阪地震、西日本豪雨に関する支援の報告会を実施します。
場所は、らいとぴあ21(箕面市萱野1-19-4)の展示コーナーで、
18時半からおこないます。

0001.jpg



このブログでもお伝えしているように、北大阪の地震発災直後から、北芝地域では安否確認や食料配布をおこなったり、
行政からの情報などが届きにくいと思われるおうちには個別で訪問したり、そのとき必要なモノ・情報がきちんと届くようにと動きました。
ブログではまだお伝えできていませんでしたが、「なんでもやったるDAY!」のメンバーも箕面、高槻を中心に
活動を展開しています。

さらに西日本豪雨災害では、みなさんから集めた物資を届けたり、和太鼓の若者たちが
泥かきのボランティアに行くなど、広島、愛媛を中心に、今日の時点で5回被災地に入っています。
被害を受けた地域が広範囲だったため、情報を集めながら必要な場所に物資を配ったり、現地での活動のお手伝いをしました。

身軽に動けるNPOという特性や、これまでさまざまな取り組みで積み重ねたつながりを活かして、
自分たちでできることをできるときにやる!ということで動いた1ヵ月半でした。

大阪での地震では遠方から心配して連絡をくださった方たちがいたり、被災地に行くときには
たくさんの方が物資や寄付を私たちに預けてくれました。
みなさんから預かった被災地や北芝を心配するお気持ちをどのように届けたのか、
報告会でみなさんにご報告したいと思います。

どなたでもご参加いただけますので、ぜひお越しください。


報告会でもご報告させていただきますが、この間の活動を簡単に。
「なんでもやったるDAY!」のメンバーが地域内のおうちの屋根のブルーシート張り作業をおこないました。
IMG_2315.jpg
炎天下のなかでしたが、台風12号が近づく前に作業を済ませました。
屋根の修繕は北大阪で同様の依頼が集中していることから、業者のかたもすぐには動けないことも多いそうで
応急手当ですが、ブルーシートを張って雨漏りなどを防ぐ必要があります。

ほかにも、先週末とこの週末には、高槻の避難所からみなし仮設への転居のお手伝いで若者たちが活躍しました。
ご高齢の世帯などでは、お住まいの方たちだけでは引越し作業もとても大変です。
体力はあるけどちょっとぼんやりしてる若者たちを地域のおっちゃんが引っ張ってくれて、無事に終了しています。

IMG_2316.jpg


この週末には西日本豪雨の被災地にも行きました。
発災直後から訪れている愛媛・宇和島です。

物資をクルマに詰め込み現地で活動する民間団体に届けたあと、大洲での住民さんと行政の会議に参加するなど、
現地での情報収集をおこないました。

さらに、被害を受けたみかん農家さんの農園の作業をお手伝いしたり、宇和島市内の避難所でのお手伝いに入りました。
避難所では避難生活をされている方や、施設に訪れる住民さんが欲しい情報にアクセスできるように、
掲示板の整理や支援物資の整理など、なかなか手が回りにくい部分のお手伝いをしました。
必要な支援や対策がうたれていても、その情報が届いていなければ意味がありません。
掲示板だけではもちろん限界があるので、何に困っているのか話を聞いて、
必要な情報を伝えるひとがいるんだなということもあらためて感じました。

IMG_2314.jpg

さらに、昨日の夜には、ふーどばんく大阪さんの協力を得て、食材を現地の活動団体に届けました。

IMG_2317.jpg

宇和島では断水が続いているのに自衛隊の炊き出しはなくなりつつあるそうで、
水を使わずにおうちで簡単に食べられる食品が足りていないそう。
土砂災害の被災地域では自家用車が被害を受けていて、買出しも困難になることが多いとのことです。
スーパーやコンビニはふつうに営業しているので買いに行けるでしょ、と思ってしまいがちで、
困っている状況が見えにくいこともわかってきました。
(営業しているコンビニやスーパーも、断水してるのでトイレが使えなかったり、コンビニの淹れたてコーヒーが販売してないなど、実は影響が続いてたりもします)

実際に行って、見てきたことや、感じたことは8月3日の報告会で詳しくお話できればと思います。
ぜひみなさん、お誘いあわせのうえお越しください。

WAM(福祉医療機構)の助成報告書に掲載されました。

2018年 02月12日 16:30 (月)

2016年度に暮らしづくりネットワーク北芝で助成を受けて実施した若者支援事業について、
助成元であるWAM(独立行政法人福祉医療機構)の事業評価報告書に掲載されました。

生きづらさを抱える若者を対象とした事業の必要性が認められ評価していただいたことを励みに、
今後も若者だけでなく地域に暮らすすべてのひとが豊かに暮らせる地域づくりをコツコツと進めていこうと思います。

こちらに掲載されています。
北芝の事例は14ページ、15ページに詳しく紹介されています。


ちなみに、若者たちの事業は今年度も継続して実施しています。
簡単にご紹介。


<若者支援施策のありかた研究会>
2016年度より、子ども若者に関する機関が官民の枠を超えて集まり、それぞれの現場での取り組みや
若者が置かれている現状などを共有しながら具体的な若者を支えるネットワークづくりを模索しています。
参加者も20名を超える会もあるなど、みなさんとても熱心に参加してくださっていて、
地域での若者支援の必要性を感じる機会になっています。

3月9日にはこの研究会の企画でセミナーも開催する予定です。
IMG_1801.jpg


<なんでもやったるDAY>
若者たちが地域の困りごとを担い手として解決する「なんでもやったるDAY」、月に一度のペースで実施しています。
この日は10代~20代の若者たちと(小学生のこどもが混じるときも)、30代以上の地域に暮らすおじさんたちが1日、地域内のおうちをまわります。
「なんでもやったるDAY」はボランティア活動としての色合いが強いですが、近い将来、若者たちの仕事の場となるよう模索中です。
↓この写真は地域の方から「若者たちの活動のためなら」とお貸しいただいている「なんか起こり倉庫」まえで作業している様子。
IMG_1633.jpg



そのほか、みんなで集まってごはんを食べる活動などもおこなっています。
仲間づくりや、多様なひととの出会いを通して、地域の中での居場所をつくることを目的にしています。
地域のいろんなつながりのなかで、支えられたり支えたりしながら暮らしていくことができれば、
「なにかあったときにもちょっと安心やな」と思えるのではないかなと思います。

IMG_1836.jpg

<参加者募集>北芝大解剖!コレクティブタウン北芝 研究シンポジウム

2017年 08月31日 17:20 (木)

0910.png 

北芝がめざす「誰もが住みやすいまち」は
いったい「なに」で できている??

当の私たちが普段見えていない「なにか」を教えてくれたのは、
地域の外から来た大学の先生や、
別の地域で活動する実践者のみなさんでした。

今回改めて、これまで北芝のことを研究したり関わってくれていた大学の先生や、他の地域の実践者の方たちに来てもらって、北芝について語ってもらいます。

北芝のまちづくりの「なんで?」が、
この場で「なるほど!」に変わるかもしれません。

ご興味を持っていただいたかたは
どなたでも大歓迎です。
ご参加お待ちしています。


<登壇者>-----------------------------------------------
●福原 宏幸 大阪市立大学 大学経済学研究科・経済学部
●野中 康寛 社会福祉法人 一麦会
●高橋 信也 一般社団法人 北海道セーフティネット協議会
       /暮らしの共済サービスせっせ
●坂東  希 敬和学園大学 人文学部 共生社会学科
●穂坂 光彦 日本福祉大学、
       同大学アジア福祉社会開発研究センター
●寺川 政司 近畿大学 建築学部 建築学科
●宮崎 隆志 北海道大学 大学院教育研究院
●池谷 啓介 特定非営利活動法人暮らしづくりネットワーク北芝
--------------------------------------------------------

日時 2017年9月10日(日曜日)
   午後1時30分から5時30分

会場 らいとぴあ21・3階視聴覚室 にて
   大阪府箕面市萱野1-19-4


★お問い合わせ 072-722-7400(らいとぴあ21)担当 尼野・池谷