01月 « 2018年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

「子ども・若者の貧困を考えるセミナー」のお知らせ

2018年 02月12日 17:52 (月)

続けて若者支援に関するトピックスを。

ひとつまえの記事でもご紹介した「箕面若者支援施策のありかた研究会」を、2016年度より当法人が主催して実施しています。
この研究会のなかから出てきた内容をもとに、セミナーを開催することとなりました。

テーマは「子ども・若者の貧困」です。

箕面で貧困というと、「いやいや、箕面ではないでしょ」と思う方が多いかもしれません。
ここでいう「貧困」は「お金がない」ということに限りません。

辞書で「貧困」を調べてみると、
1 貧しくて生活に困っていること
2 必要なもの、大切なものが欠けていること

と書いてあります。

当たり前に持っているひとからすると、当たり前すぎて気づかないことだったりしますが、
必要なもの、大切なもの、は物質的なものだけでないと思います。

多様な価値観に触れる機会とか、そのままの自分を受け止めてくれたという体験とか、
失敗してもまたチャレンジできる環境とか、自分の存在を認めてくれる仲間とか。

こういう経験が、「失敗しても次またがんばろう」とか、「大した偉業は成し遂げられなくても自分はこの社会で
存在してる意味はそれなりにあるよな」とか、自分の事を認めることにつながるのではないでしょうか。

そういう大切なものを持たずに生きてきた(あるいは失った)という子ども・若者は、
足元がぐらぐらした状態で、社会で生きていくことになっているような気がします。

omote1.png

ura2.png

今回、講師でお招きするのは、横浜で若者支援に携わっておられるNPO法人パノラマの石井正宏さんです。
NPO法人パノラマが高校の図書館で実践している「ぴっかりカフェ」は、高校内居場所カフェの先進的な取り組みとして注目されています。

高校生に限らず、若者たちは困りごとや不安があっても、それを周囲の大人になかなか相談できなかったりします。
相談しづらい理由は「怒られそう」とか「どうせ理解してもらえない」とか、過去の経験からそう思っている場合もありますし、
そもそもあまり相談できる場所がいろいろある、ということを知りません。
その状態が続くと、自分の中で困りごとをずっと抱えている、気づいたら課題がどんどん深刻化していた・・ということにつながります。
そうなるまえに支援者が若者たちに出会いに行こう、というのが高校内居場所カフェの目的です。

「ぴっかりカフェ」の取組みがおもしろいのは、これに加えて、地域のひとたちとの出会いを大切にしている点です。
専門の支援員だけでなく、地域のいろんな大人がこのカフェにボランティアとして関わることで、若者たちが地域の多様な資源に出会う機会になっているようです。
たとえ家庭のなかで居場所がなかったり、生活の中で多様な価値観に触れる機会がなかったとしても、地域のひとたちと出会い関係性をつくることで、それを埋める可能性がうまれます。
また、いつかなにかで困った時に「たすけて」と言える関係性がうまれるかもしれません。
この地域との出会いを大切にしていることは、北芝での実践と共通するところです。

石井さんから、居場所カフェを通して見える現代の子ども若者の「貧困」課題についてお話していただきます。
後半は箕面で子ども・若者に関わる方たちに登壇いただき、立場や所属を越え、ともに地域で暮らす私たちに
なにができるのか考えていきたいと思います。



日時:2018年3月9日(金)午後6時30分から9時
会場:らいとぴあ21(箕面市立萱野中央人権文化センター)3階視聴覚室
お問合せ:072-722-7400(らいとぴあ21) 担当:尼野千絵、中村雄介
主催:暮らしづくりネットワーク北芝


事前のお申し込みは不要です。
たくさんのご参加お待ちしています。


facebookイベントページはこちら
fb.png

WAM(福祉医療機構)の助成報告書に掲載されました。

2018年 02月12日 16:30 (月)

2016年度に暮らしづくりネットワーク北芝で助成を受けて実施した若者支援事業について、
助成元であるWAM(独立行政法人福祉医療機構)の事業評価報告書に掲載されました。

生きづらさを抱える若者を対象とした事業の必要性が認められ評価していただいたことを励みに、
今後も若者だけでなく地域に暮らすすべてのひとが豊かに暮らせる地域づくりをコツコツと進めていこうと思います。

こちらに掲載されています。
北芝の事例は14ページ、15ページに詳しく紹介されています。


ちなみに、若者たちの事業は今年度も継続して実施しています。
簡単にご紹介。


<若者支援施策のありかた研究会>
2016年度より、子ども若者に関する機関が官民の枠を超えて集まり、それぞれの現場での取り組みや
若者が置かれている現状などを共有しながら具体的な若者を支えるネットワークづくりを模索しています。
参加者も20名を超える会もあるなど、みなさんとても熱心に参加してくださっていて、
地域での若者支援の必要性を感じる機会になっています。

3月9日にはこの研究会の企画でセミナーも開催する予定です。
IMG_1801.jpg


<なんでもやったるDAY>
若者たちが地域の困りごとを担い手として解決する「なんでもやったるDAY」、月に一度のペースで実施しています。
この日は10代~20代の若者たちと(小学生のこどもが混じるときも)、30代以上の地域に暮らすおじさんたちが1日、地域内のおうちをまわります。
「なんでもやったるDAY」はボランティア活動としての色合いが強いですが、近い将来、若者たちの仕事の場となるよう模索中です。
↓この写真は地域の方から「若者たちの活動のためなら」とお貸しいただいている「なんか起こり倉庫」まえで作業している様子。
IMG_1633.jpg



そのほか、みんなで集まってごはんを食べる活動などもおこなっています。
仲間づくりや、多様なひととの出会いを通して、地域の中での居場所をつくることを目的にしています。
地域のいろんなつながりのなかで、支えられたり支えたりしながら暮らしていくことができれば、
「なにかあったときにもちょっと安心やな」と思えるのではないかなと思います。

IMG_1836.jpg

"地域食堂 樂ごはん"の最近。

2018年 02月01日 15:38 (木)

IMG_6980 (2

”さぁ、みんなでごはん食べようか~”

という声があちらこちらから聞こえてくる「樂ごはん」。
取り組み始めて2年が経過しようとしています。
前回の記事はコチラ→http://kurashinet.blog110.fc2.com/blog-entry-207.html

当初はコミュニティハウス南の家を使って、夜に集まったこどもたちを中心にごはんを食べる場だったのですが、2017年4月の北芝住宅集会所リニューアルに伴い、会場を集会所へ。

週に1回、どこかの曜日にはかならずやる、という地道な活動の中、夏頃からおとなの参加も増えてきました。

raku201802.jpg

子どもだけで来てたり、親子で来たり、親だけ来たり、中高生が友だち連れてやってきたり。
中には「孫のごはんはつくってきたけど、わたしはこっちで食べるわ~」という方も。

raku20180201.jpg

調理から片付け・掃除まで、なんとなく毎回来て運営を担っていこうとしているメンバー(高校生、大学生、地域住民までいろいろ)はいますが、ごはんを食べに来た住民さんが「洗い物やるよ!」とmyゴム手袋を持参して来られることも出てきました。

raku20180203.jpg

”樂ごはんに来たら、誰かいて、おいしくごはんが食べられて、楽しくおしゃべりできる”
”なんでもやってもらうのではなく、自分ができることはやる”
そんな場になっているのではないのかなと感じます。

フードバンクOSAKAさんからいただく食材や、
参加される住民さんからのおいしい「差し入れ」、
そして近隣の農家さんから安くで分けていただくお野菜や、
様々な方からいただくお米等をやりくりしながら、
大人にとってはとても安い!という価格ではないですが、
みなさんの参加費をいただきながら、
持続継続的な形で運営していける形を模索していく予定です。

raku20180202.jpg

だれかのためにごはんをつくりたい人!
だれかと一緒にごはんを食べたい人!
どちらもだれでも来てみてくださいね。

★☆★☆
みんなでごはん。樂ごはん。 基本情報

頻度:週に1回。不定曜日。
場所:市営北芝住宅集会所 他
参加費:おとな500円、若者(高校生以上)300円、こども100円(3歳未満無料) ※まーぶ、地域みまもり券での支払い可能
食数:30~40食
開催情報→LINE@にて配信中。https://line.me/R/ti/p/%40kwt6059w
友だち登録QRコードはコチラ↓↓
IMG_8980.png

テーマ : まちづくり
ジャンル : 地域情報

暮らしづくり通信Vol,17ができました。

2018年 01月04日 14:57 (木)

2016年から2017年にかけて、暮らしづくりネットワーク北芝設立15年を記念して、
「ゴランナーレ」の冠のもとたくさんのイベントを行いました。

この間行ってきたイベントの紹介や、そこから派生した通信特別企画など、
いつもよりページを増やしてもりだくさんでお届けします。

恒例の「北芝のべっぴんさん・男前」コーナーも!


vol17h1 2

こちらからPDFでご覧いただけます。

北芝の年明け 2018年! 

2018年 01月01日 14:35 (月)

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はこれまでにもましてわたしたちの活動にご参加、ご支援いただきありがとうございます。

さて昨年の取り組みで特筆すべきは、「北芝版・地域ささえあいプラン」を策定したことです。
日々の暮らしのなかの多様な困りごとにたいして、個人の困りごとは地域の困りごととして、お互いさまの助け合いで解決しようとするものです。これは、その前に実施した生活実態調査をふまえ、楽しむ、食べる、働く、つながる、ほっとするの五つの合言葉で、支えあいの仕組みづくりと活動を計画したものです。
厚生労働省においても2年前に「新たな時代に対応した福祉の提供ビジョン」が発表され、他人ごとの地域づくりから「我がごと」へ、縦割りの福祉サービスから「丸ごと」へという方向を明確にし、現在各地でモデル事業がすすめられています。
今年は北芝版の事業をきっちりと実施していくとともに、エリアの拡大も図っていこうと思っています。

つぎは、「誰もが安心して暮らし続けることのできるコレクティブタウン」についてのシンポジウムでパネリストが指摘したことが印象的でした。詳しくは発行予定の報告書に譲りますが、「貧困とは経済的困窮のみならず自己を構成する社会基盤をはく奪し自己喪失をもたらす」とか「社会構想を実現するための長期課題に取り組むにはユルユル・コミュニティが不可欠」など貴重な指摘をいただきました。

また「差別するこころを科学する」セミナーで行われた潜在連合テストでは、人が無意識でもっている態度を測定したわけですが、女性=受動的・消極的というイメージが自分の中でいかに固定的であることが否応なく自覚されました。こうした意識は、押しつけ的な説得で変えることが難しいこと、他の良きイメージとの接触経験などの多様な手法が必要であることなどを学びました。

韓国との交流については、2万まーぶを貯めた高校生を中心に韓国の若者と交流する「まーぶスタディツアー」を実施しました。青少年センターという枠に納まりきれない「ハジャセンター」などで中高大学生の若者たちと交流しました。

これからの予定となりますが、1月20日からは、「知っておきたい韓国のこと、ともに学びあえる関係へ」と題した3回シリーズのセミナーを開催します。日本と韓国の福祉制度や住民活動などをきっちりと学ぶことができます、ぜひご参加ください。

本年もいつものように明るく楽しく活動をすすめていきたいと思っています。
どうぞご支援よろしくお願いします。


のぶおさん2_63代表理事 埋橋伸夫